入れ歯治療と抜歯

MENU

入れ歯治療と抜歯

入れ歯治療を受ける際に問題になりがちなのは、思いがけず健康な歯を抜くことになってしまう場合もあるということでしょう。
入れ歯治療を始めると、多くの方が「必要があれば健康な歯も抜くことになるのか?」という不安を感じると思います。
部分入れ歯治療となれば、両脇の健康な歯で部分入れ歯を支えることになります。
なので残っている健康な両脇の歯で、装着する予定の部分入れ歯を支えきれるかどうか、装着して使い続けていく上で維持できるか、という点が問題になってきます。
●例えば健康でも弱っている歯にバネをかけてしまい、無理に部分入れ歯を支えようと負担をかければ、弱っている歯が負担に耐えられずにぐらついてしまったり、最悪の場合抜けてしまうこともあります。入れ歯治療が失敗となります。
入れ歯治療が失敗しないよう、バネをかける両脇の歯の診断は事前に行うことになります。
虫歯になっていない健康な歯でも、見た目は異常がなくても年齢を重ねるにつれて、歯周病などの病気によって弱ってしまっている歯もあります。
生えている見た目には異常のない歯を抜くかどうかは、歯周などの病のチェックをして正確に判断するということが重要です。
また「歯を抜くか否か」は、歯医者によっても異なります。
別の歯医者で相談したら、初めにに相談した歯医者と対処法が異なっていたということは少なくありません。
どんな治療でも言えることですが、入れ歯治療は患者さん1人1人に対して、最適な状態で美味しくご飯を食べられるように入れ歯を作るのですが、方針や治療方法は歯医者によって多少なりとも異なります。
歯を抜いてしまっては元には戻せませんので、今現在通っている歯医者の治療法や方針にに納得できないという時には、歯医者を変えることも検討してみるのもいいかもしれませんね。