仮入れ歯の必要性

MENU

仮入れ歯の必要性

●入れ歯治療の中で、どうしても気になるのは、入れ歯を装着するまでの見た目ですね。
部分入れ歯を装着するまでの抜けた歯の部分は、とても目立ちます。食事時にも噛みにくくて不便ですね。
治療を開始してすぐに入れ歯が装着できるというわけではありません。
入れ歯ができるまでに、場合によっては数ヶ月もの期間がかかることもありますので、入れ歯ができるまでの間、見た目問題は悩みですね。
実際には、歯が抜けた部分に「仮歯を入れたい」という方も多いようです。
人と話す時、笑顔になった時に歯が抜けている部分が丸見えだと、お仕事や人間関係に支障が出ることがあります。相手が不快に感じることもあるかもしれません。
自分自身そして相手への配慮が必要であれば、たいていの歯医者さんで仮歯を作ってもらえます。
歯医者さんによっては方針上仮歯を作らないという歯医者さんもいますので希望する方は事前に相談しましょう。
治療をスタートしてから仮歯の話をするのは遅いので、治療を始める前のカウンセリングの段階で仮歯の話をしましょう。
まず抜歯治療をしてから仮入れ歯を入れる場合には、抜歯前に歯の型をとって仮歯を作ります。
抜歯後にすぐ仮入れ歯を装着できれば、食事も不便にならずにできて見た目も気になりませんよね。
特に前歯が抜けたままだと人と会うのも話すのもイヤになりますよね。
今までのの生活を変えないためには、仮りの入れ歯は必要ですね。