入れ歯治療の種類

歯の治療の一環として、抜いた歯の代わりとして使うのが入れ歯です。
入れ歯といっても、総入れ歯や部分入れ歯といった種類があります。全ての歯の代わりになるのが総入れ歯で、抜いた歯の代わりとなるものが部分入れ歯です。
年齢を重ねるとともに、歯の治療でも入れ歯治療を受ける方も増えてきますが、高齢者の方でも歯に自信があるという方は少なからずいらっしゃいますね。
歯に自信があるという方は、入れ歯を全く必要とせずに、ずっと自分の歯で噛み、食べることができるのですが、これは理想的な歯の状態ですよね。
歯が生えてからずっと自分の歯で食べている方もいらっしゃる中、残念なことに総入れ歯になってしまったという方もいらっしゃいます。
けれども落ち込む必要はないのです。総入れ歯であっても、自分の歯でかむようにして食べられるようになります。
自分に合った良い入れ歯を作ることができれば、また何の問題もなく噛めるようになりますので、悲観せず前向きに歯の治療をおこなっていきましょう。
入れ歯は、使用する素材によって保険診療で作る入れ歯と、保険が使えない自費診療で作る入れ歯とあります。
比較的安くで済む保険診療の場合には、歯茎につける入れ歯の床部分がプラスチック製となります。
一方で保険が効かない自費診療の場合には、床部分の素材として金属などの丈夫で長く使えるものを使用することができます。
金属などのメリットは、口に物を入れたときに温度を伝えやすいという点でしょう。
また入れ歯の種類の1つとして、ブリッジという方法もあります。ブリッジは抜歯した際に、両隣の歯を削って土台として、両隣の歯から橋渡しのようにして人口の歯をセットする・・・という方法です。

 

このブリッジという治療方法のメリットは、金属のバネがないので口を開けても目立たないという点でしょう。また、ブリッジをかけた時の違和感が少なくて済むのでストレスも軽減できますし、見た目もすっきりして見えて、一見自分の歯のように見えますよ。
一方、ブリッジ治療方法のデメリットは、健康なはずの両隣の歯にダメージを与えてしまうので、健康な歯の寿命をも縮めてしまうという点でしょう。
ブリッジの他にも、入れ歯の種類の中には部分入れ歯という治療法もあります。
自分の歯に金属製のバネをつけ、人工歯をつけた床を固定するという方法です。
部分入れ歯の治療法のデメリットは、金属製のバネに異物感を感じやすい点と、金属が目立ってしまって見た目が不自然になるという点でしょう。
部分いればの土台となる歯にもずっと負担がかかって状態となるので、歯の寿命を縮めることになります。
また、虫歯などで歯が抜けていそのまま放置しているという方もいるようですが、良い事ではありませんよ。
他の健康な歯で噛むことができるので支障もないし問題ないと思っている方も少なくないようですが、問題は食べる。噛めるということだけではありません。
歯は1本1本が大事な役割を果たしていて、1本でも歯がないままでいると、残った健康な歯への負担が大きくなります。
本来なら、歯は1本1本で負担を分け合っていて、支えて合っているのがベストな状態なのです。どこか1本でも歯がが抜けたままでいると、一見不自由なく噛めているとしても、他の健康で異常のない歯にも負担をかけてしまっているんです。
歯が抜けたところに入れ歯治療をするというのは、残った歯を長く健康に保って使うために必要な治療法なのですよ。
また、歯というのは上下がうまく噛み合うことで位置を保ち、きちんと噛めるようになっていますから、上でも下でもどちらかの歯が抜けてしまうと、抜けた部分を補おうとしてもう一方の歯が伸びてくるようになっています。
横の歯が抜けた場合には、空いたスペースに傾いていってしまいます。

 

たった1本の歯でも抜けてしまうと、全体のバランスが崩れていき、噛み合わせに影響が出て顔の形も変わってしまいます。
少しずつ少しずつ、じょじょに狂う噛み合わせは、何年後かに、大きなダメージ・目立つダメージとして現れます。
一つの抜けた歯を放置したために、全体に悪影響が出て、具合的にも見た目的にも不健康な歯になってしまうのは避けたいですよね。ですから部分入れ歯という治療が必要となるのです。
そして、全部人工歯にする総入れ歯という方法があります。
自分の本来の歯が1本も残っていないという方は、総入れ歯の治療法を実践することになります。
では、入れ歯治療は実際にどのように行なわれるかご存知ですか?
入れ歯治療は、まずカウンセリングから始まります。
初診でこと細かにカウンセリングをして、今までの歯の治療経過や、現在困っていることや悩んでいる症状について話します。
その後、口内の検査をしてさらにレントゲンで詳しく検査をし、そして顎模型というものを作ります。
模型を見て状態を確認しながら、これから具体的にどのような治療をしていくのか方針を話し合います。
そして入れ歯を作ることになるわけですが、まずは歯や顎の粘膜の型を採取することが第一です。
まず試作品の入れ歯を使って、あなたの噛み合わせや歯並び、歯の見え方などを確認していきます。
次に歪みや微調整を加えて完成させます。
それらの段階を踏んで完成したあなただけの入れ歯は、しばらくの間試しに使ってみて、違和感や不具合があれば再度、微調整を重ねていき自分の口腔にぴったり合うようにします。
違和感や不具合のある入れ歯を我慢して使うのはいけませんよ。
噛み合わせが悪いままだと、顎をはじめとする体の至る所に違和感や不具合・痛みが出てしまいますよ。違和感や不具合がある場合はこまめに歯科医に伝えて相談し、調整してもらいましょう。

 

 

入れ歯には部分入れ歯、
ブリッジ、
総入れ歯があります。

 

ただ、
その中のどれを選ぶかはあなたが決めるのではなく歯医者が決めることになります。

 

歯医者が決めた入れ歯が気に入らないなら、
歯医者の選び方を変えることもできるでしょう。

 

しかし、
残った歯と歯茎の状態から歯医者が判断したのですから、
別の歯医者で診てもらっても変わらない可能性が高いはずです。

 

入れ歯の種類として健康保険の適用外を選ぶかどうかは重要なことです。

 

お金はかかりますが見た目を重視した入れ歯を作ることは可能だからです。

 

まず、
歯医者の説明を受ける時に健康保険の選び方を明確にしておくことが大切です。

 

それにより治療方法も変わってきます。

 

歯医者の方から健康保険の適用外を積極的にすすめることはほとんどありません。

 

そのような人はごくわずかだからです。

 

入れ歯を作るような人はこれまでもいろいろな歯の治療をしているはずです。

 

それを見れば、
健康保険内で治療しているかどうかはすぐにわかります。

 

その延長線上で今回の治療があると考えることが当たり前ですから、
歯医者は聞きません。

 

もちろん、
初めての患者であれば、
初診時に意思の確認をしています。

 

ただ、
それだけで高額な入れ歯を作るとは考えにくいのでしょう。

 

部分入れ歯の場合は義歯の固定のための金属が必要となります。

 

その分だけ見た目が悪くなります。

 

それが嫌ならインプラントを選ぶことになるでしょう。

 

きれいな歯でいつまでもいたいものです。

 

 

 

 

入れ歯とインプラントの違いはわかります。

入れ歯は金具がついていますから、
すぐにわかりますが、

 

インプラントはじっくり見てもわからないことが少なくないからです。

 

人前で大きく口を開けて歯を見せることが少なければ、

 

誰にもインプラントは気づかれないでしょう。

 

女性ならインプラントを選びたいと思うはずです。

 

次の違いは治療費です。

 

入れ歯は健康保険が適用されますから、

 

支払いが困難になることはありません。

 

これに対してインプラントは健康保険の適用外となりますから、

 

治療費は高額になります。

 

 

状況により異なりますが、
1本当たり50万円前後になるケースもあり、
何本も治療をすることはよほど裕福な家庭でなければ無理でしょう。

 

それでもインプラント治療を行っている歯科医が多いのはどうしてでしょうか。

 

治療費の分割払いなどが一般的に行われており、
美容のためのお金と考えれば女性は惜しくないと思うのでしょう。

 

ただ、
虫歯を作らなければインプラントも入れ歯も必要ありませんから、
若い時からしっかりと歯磨きをしておくことが大切でしょう。

 

それだけで50万円もの出費を防ぐことができるのです。

 

ただ、
若い時にはそこまで考えていませんから、
虫歯になってしまいます。

 

虫歯の進行は年齢とともに遅くなりますが、
気づいた時には遅くなっているケースが増える傾向にあります。

 

つまり、
高齢になると入れ歯をしなければならない可能性が高くなります。

 

毎日鏡で歯のチェックをしましょう。

 

 

 

虫歯治療で歯を抜かなければならなくなる人は少なくありません。

 

問題は抜いた後をどうするかと言うことでしょう。

 

選択肢としてはブリッジ、
入れ歯、
インプラントとなりますが、
ブリッジの取り付けにはいくつかの条件があります。

 

したがって、
現実的には入れ歯とインプラントのどちらを選ぶかと言うことになります。

 

これまでの日本の歯科治療では入れ歯がメインでしたから、
すべての歯科医がインプラントに対応しているわけではありません。

 

歯医者の選び方はインプラントの技術と経験をチェックすることでしょう。

 

もちろん、
自宅の近くで選ぶことになりますから、
周りの人の意見を参考にすることをおすすめします。

 

技術的には十分であっても、
患者への対応に問題がある歯医者もいます。

 

歯の状況は鏡で見るだけであり、
奥歯の方はよく見えません。

 

そのため、
歯医者の提案に従うのが普通の人と言えます。

 

もちろん、
入れ歯とインプラントでは治療費に大きな差がありますから、
じっくりと考えてください。

 

その説明の仕方を聞くことも歯医者の選び方のポイントとなるでしょう。

 

歯はどのような状況でも毎日使うものですし、
フィットしてないと非常に気になってしまいます。

 

日常生活に支障が出てしまいますから歯医者の選び方は慎重にならなければなりません。

 

インプラントでも入れ歯でもいいでしょう。

 

自分で選ぶことが大切です。

 

歯の治療の知識がなければ、
歯医者で納得できるまで説明してもらいましょう。

 

入れ歯にしてもインプラントにしても、
一生付き合って行かなければなりません。

 

入れ歯とインプラントの比較

歯が抜けた後の治療を考えると入れ歯とインプラントがありますが、
その違いはいろいろあり、
どちらがいいかと言えばインプラントと答える人が多いでしょう。

 

インプラントの見た目は普通の歯と同じに見えるからです。

 

インプラントと違い、
入れ歯はすぐにわかります。

 

表面の金具で固定されているからです。

 

それでも入れ歯をはめている人が多いのはインプラントの治療費です。

 

高額な費用を気軽に払える人はそれほど多くありません。

 

健康保険の適用外となっているため、
治療費が高くなってしまいます。

 

将来においてインプラントの方法が変わらない限り、
この状況も変わらないでしょう。

 

入れ歯は歯との間に隙間がありますから、
食べ物のクズが挟まることも少なくありません。

 

そのためにはインプラントがいいことは当たり前です。

 

多くの人が虫歯のために歯を抜かなければならない状態になっています。

 

それを改善することができれば入れ歯とインプラントを比較して、
どちらを取るかと言った選択を迫られることもありません。

 

若い時から歯磨きの習慣があっても、
高齢になると虫歯になってしまうことがあります。

 

それは年齢によって虫歯の進行が変わってくることに一つの原因があると考えられています。

 

高齢になると見た目はきれいな歯でも内部に虫歯が進行してしまうのです。

 

人間は永久歯が抜けるとその後は生えてきませんから、
高齢化によって歯の寿命の方が早く来ていると言えるでしょう。

 

もちろん、
しっかりと歯磨きをすればそれを防ぐことはできますから、
今からでも遅くありません。