入れ歯治療と違和感

もちろん、
それはあなたが悪いのではなく歯医者が悪いと思ってください。

 

症状を訴えても痛みを解消してくれない歯医者なら、
別の歯医者を探すことをおすすめします。

 

ただ、
歯医者の選び方は簡単ではありません。

 

外見だけでわかるはずもありませんし、
噂ではどこまで信用していいか判断できないからです。

 

実際に入れ歯を作ってもらえばいいのですが、
それで痛みが解消しないなら何のための費用だったのかと思ってしまいます。

 

もちろん、
歯茎の状態によって、
どのような入れ歯を作っても治らない場合もあるでしょう。

 

しかし、
それはきちんと歯医者が説明をしなければなりません。

 

歯医者の選び方のヒントとして、
患者への説明がしっかりとなされているかを見てはどうでしょうか。

 

例えば、
歯科医院の中に説明だけのためのスペースが設置されているでしょうか。

 

それとも診察台に座って、
その場で説明を受けるのでしょうか。

 

入れ歯を作らなければならない状況はレントゲン写真や歯茎の状態を説明すればいいのですから、
診察台でなくてもいいでしょう。

 

歯医者によって考え方が違います。

 

現代では歯科医だけではなく一般の病院でも医師が患者に説明することが求められています。

 

聞かないことには答えないと言う態度は昔の医者と思って間違いないでしょう。

 

歯医者の選び方は態度を見ればわかるのかもしれません。

 

ただ、
技術が優れているかどうかは別の視点が必要となります。

 

 

入れ歯は人工物です。人工物である歯を口の中に付けるのは抵抗があるでしょうし、
入れ歯に違和感を感じるのも仕方ありません。
それは入れ歯治療をする誰もが感じるものです。

 

自分の物ではない人工歯が口中に入っている状態は、
初めの慣れない時期は異物感も大きいでしょうし気になって仕方ありません。

 

人工歯の異物感は感じ方に個人差もありますが、
多くの方が慣れるまでに苦労するのではないかと思います。

 

 

入れ歯治療以外で例えると、コンタクトレンズがありますね。
特にハードのコンタクトレンズは、違和感も大きく目に入れた時の痛みは仕方ありませんが、
ハードのコンタクトレンズも使い続けていれば慣れてくるものですよね。

 

慣れないうちは、誰しもがコンタクトレンズを入れた時に痛みで涙が出てくるでしょうが、
そのうちに慣れて痛みも感じなくなり、平気になりますよ。

 

コンタクトレンズに慣れるように、入れ歯も慣れてくれば、
無くてはならない自分の体の一部のように使えるようになるので不思議なものです。

 

その証拠に、高齢者の方長年で入れ歯を使っている方は、
もう入れ歯がないと食事が不便でだと感じる方がほとんどでしょう。

 

そう思えるほどに慣れてしまえば、もう自分の体のの一部と言っても過言ではありません。
初めのうちは違和感ばかりの入れ歯も、慣れてしまえば「無いと困る体の一部」となります。

 

 

また、入れ歯治療を行った際の問題の1つとして、発音の問題があげられます。
人間は小さな子どもの頃から言葉を話すを覚え、言葉を自然と身につけて活用してきたので、
普段は発音をあまり意識することはないでしょうが、入れ歯治療を行なうと、
口内環境が変わって発音しづらくなるという場合もありますよ。

 

言葉を発する時は、口の奥から外へと空気が流れ、私たちはその空気の流れを舌や、
唇の形を変えつつ調整して発音します。

 

 

入れ歯治療の中でも特に前方に入れ歯を付けたた方は、発音の際に空気の流れが微妙に変わってしまい、発音しずらいと感じることがあります。
入れ歯によっては口内環境が変わって、今までと同じように発音しにくくなるという問題も起こるようです。
いれば治療の違和感に対する慣れと同じで、入れ歯では発音しづらいし話しづらいから話さない、ということではなく、慣れるまで積極的にトライしていきましょう。
発音の不自由だって話しながら慣れていくことが大切ですよ。
歯の隙間を流れる空気を使って発音する「さ行」は特に練習する必要がありそうです。
また、入れ歯はその後の調整も必要で重要です。
入れ歯治療は入れ歯をセットしたら治療終わり・・・というわけではないんです。
入れ歯をつけた後は使い心地を確かめながら調整をしてもらい、自分の口腔に合った状態にもっていくことで初めて完成となるんです。
入れ歯は粘膜の上に乗せるものです。なので不安定になりがちです。
比較的柔らかい粘膜の上に、人工物である硬い入れ歯が当たれば、それは痛みが出てくることもあるでしょう。その痛みを歯医者さんに相談して調整してもらわなければなりません。
そして入れ歯を使用しながら噛み合わせ・バネなどの調整をしていき、自分の口腔内に合う違和感のない入れ歯へと完成させるのです。
なので入れ歯ができあがって口内に装着した日は、治療が終了した日ではありません。違和感や痛み、ズレなどがあって当たり前です。
また入れ歯を初めて装着した日というのは、最も違和感を感じる時なので、がっかりせずにしばらく様子を見ましょう。
入れ歯治療の本当の満足感が感じられるのは調整が終わって使い慣れてきてからですよ。

 

入れ歯と安定剤

入れ歯が歯茎に合っていないと感じている人は少なくありませんが、
これは歯医者の技術力のなさではなく入れ歯の限界であることがほとんどです。

 

つまり、
入れ歯をする限り口の中の違和感はなくなりません。

 

完全にフィットするためには高額な保険外の入れ歯を作らなければならないでしょう。

 

それは一般の人には無理ですから、
現状に甘んじることになります。

 

ただ、
入れ歯と歯茎の間に安定剤を塗ることで状況が改善するケースは少なくありません。

 

歯医者がすすめている安定剤もあります。

 

あなたも試しに安定剤を塗ってみてはどうでしょうか。

 

商品は数種類ありますから、
選び方を考えてください。

 

すべてを試してみるのもいいでしょう。

 

選び方だけで入れ歯の違和感がなくなるなら、
非常に嬉しいことです。

 

入れ歯をしなければならないのは虫歯の歯を抜いたためですから、
入れ歯が嫌ならインプラントをしなければなりません。

 

その費用を考えると安定剤の価格などごくわずかです。

 

いろいろ試してみて、
いい商品が見つかったら毎日塗ってください。

 

それにより違和感は解消していきます。

 

入れ歯を付けなければ食事にも支障が出ます。

 

違和感がない入れ歯なら食事の楽しくなるはずです。

 

それが長生きにつながっていきます。

 

入れ歯を付けた高齢者は少なくありませんが、
歯茎に合っていない人の方が多いと言われています。

 

そのような人は安定剤を試してもらいたいものです。

 

それにより少しでも改善するなら、
入れ歯を気にする必要がなくなるでしょう。