入れ歯の特徴

虫歯で歯を抜かなければならなくなったら、
その後の処置が必要となります。

 

入れ歯は一つの方法です。

 

もちろん、
歯医者で相談しながら進めることになりますが、
歯医者の選び方で入れ歯の調子も違ってきます。

 

そのために歯医者の選び方が重要になります。

 

具体的にどのような歯医者を選べばいいかはわからないことばかりですから、
まずは入れ歯の特徴を考えてみましょう。

 

入れ歯を取り付ける場所によって細かい構造は変わりますが、
元々あった場所に作り物の歯茎と歯を取り付けます。

 

それだけではすぐに外れてしまうため、
固定用の金具が隣の歯と合わせる形となります。

 

歯を見れば入れ歯をしていることがすぐにわかりますから、
どうしても見た目は悪くなるでしょう。

 

それが嫌なら入れ歯以外の方法を選択しなければなりません。

 

見た目が悪くても入れ歯を選択する人が多いのは費用の問題です。

 

健康保険の適用範囲で入れ歯を作ることができます。

 

もちろん、
見た目をよくするために保険の範囲を超えて入れ歯を作ることも可能ですし、
インプラントを選択することもできます。

 

歯医者の選び方で考えなければならないのは、
健康保険の範囲内でどれだけきれいな入れ歯を作ってもらえるかと言うことでしょう。

 

ただ、
歯の並び方は人によって少しずつ違いますから、
誰かの入れ歯を見て判断することはできません。

 

一度入れ歯を作っても、
その調子が悪くて別の歯医者を選ぶ人もいます。

 

毎日の食事で支障があるなら、
早めに相談するべきでしょう。

 

 

 

すでに入れ歯をしている人はよくわかっているかもしれませんが、
入れ歯の特長を説明しましょう。

 

中高年になると虫歯の治療が難しくなり入れ歯をしなければならない状況になる人もいます。

 

できることなら治療をせずに済ませたいものです。

 

どうしても入れ歯が必要になった時にはどのような作り方をするでしょうか。

 

まだ経験がない人にも説明しましょう。

 

まず、
入れ歯をする部分に残っている歯を抜き取ります。

 

もちろん、
抜かずに済む場合もあります。

 

歯科医師はできるだけ元の歯を残そうとしてくれますから、
必要最小限の歯を抜くはずです。

 

歯を抜いた後に石膏で型取りをします。

 

その型に合わせて入れ歯を作ることになりますが、
インプラントとの違いは歯を固定するための金具部分が必要になることです。

 

いくつかの歯の間に金具を渡して固定します。

 

固定のためにきれいな歯を削るケースもありますから、
できるだけ歯を削ることは避けたいものです。

 

入れ歯を作ったら、
毎日付けておかなければなりませんが、
夜は外している人がほとんどです。

 

夜の間にきれいに洗っておく必要があるからです。

 

食事のカスなどが入れ歯と歯茎の間に挟まることも少なくありませんから、
毎食後に入れ歯を洗っている人もいます。

 

ただ、
レストランなどの公共の場で入れ歯を外して洗うことはマナーとして避けたいものです。

 

このような作業が嫌ならインプラントと言う選択肢もありますが、
金額がかなり違いますから、
気軽にできる方法ではありません。

 

 

入れ歯をすることでいくつか注意

まずはあまり固いものが噛めないことです。

 

これは実際に噛んで見ればわかりますから、
注意しなくてもいいかもしれません。

 

ただ、
食事のメニューを選ぶ時に気をつけておきましょう。

 

もちろん、
一般の食事であればほとんど気にする必要はありません。

 

それから、
どのような食事でも入れ歯と歯茎、
入れ歯と歯の間に食べかすが溜まることです。

 

これは食事後に爪楊枝などで取り除くことができます。

 

もちろん、
歯磨きをすればすべてクリアできるでしょう。

 

歯医者で入れ歯を作ってもらう時にも注意されたことでしょうが、
夜の睡眠時は入れ歯を外しておかなければなりません。

 

取り付けたままでも支障はありませんが、
汚れに付着した細菌が口の中で繁殖しやすくなっています。

 

別の部分が虫歯になってしまうリスクが高まります。

 

歯医者の選び方で入れ歯の具合が違うと考える人が少なくありませんが、
完全に自分に合った入れ歯を作ることは優れた歯医者でも難しいことです。

 

それを期待して選び方を考えるよりも今使っている入れ歯で注意事項を守る方が現実的でしょう。

 

入れ歯は簡単に取り外すことができますから、
歯茎に合わない場合は簡単に修正ができます。

 

それは大きなメリットと言えるでしょう。

 

インプラントであれば修正は不可能だからです。

 

入れ歯を毎日取り付ける時に歯茎との間に安定剤を塗る人もいるでしょう。

 

それで状況が改善するなら積極的に塗りましょう。

 

 

 

歯並びが悪い人は毎日の丁寧な歯磨きが求められますが、
簡単なことではありません。

 

結果として虫歯になり、
最終的に歯を抜くことになるでしょう。

 

その後は入れ歯生活となります。

 

それがわかっているなら、
早めに歯医者を探しておくことをおすすめします。

 

もちろん、
虫歯の治療をしてもらっている歯医者で入れ歯を作っても問題はありません。

 

ただ、
歯医者の選び方によって入れ歯の調子が違ってくることがわかっています。

 

自分の入れ歯をきれいに作ってくれる歯医者の選び方を考えてください。

 

実際の入れ歯の具合は口に入れてみなければわかりません。

 

その時になって歯医者の選び方を間違ったと気づいても意味がないでしょう。

 

事前に多くの情報を収集しておくことが重要です。

 

ただ、
インターネットのような全国の情報を集めているサイトでは、
あなたが住んでいる限定された地域の歯医者の情報は十分とは言えません。

 

インターネットよりも近所の人の意見を参考にした方が確実です。

 

もちろん、
入れ歯の作り方は同じでも自分に合っているかどうかは個人差があります。

 

選び方は間違っていなくても、
入れ歯がしっくりとこないこともあるでしょう。

 

重要なことはそのような時に的確な対応をしてくれるかどうかです。

 

入れ歯の調子が悪ければ修正してもらえばいいだけです。

 

そこで歯医者の技術力が問われます。

 

豊富な経験を持っている歯医者であれば、
すぐに修正してくれます。

 

それが評判の差となって表れるでしょう。