入れ歯の治療と食事

虫歯が痛くて食事ができなくなるケースは少なくありませんが、
それは日頃からの歯磨きを怠っていることが原因でしょう。

 

最終的に虫歯を抜かなければならないとしたら、
その後の治療は入れ歯かインプラントの選択になります。

 

もちろん、
高齢になれば多くの人が入れ歯をしていますから、
インプラントと言う選択肢を考える人はほとんどいないでしょう。

 

しかし、
時代は進歩しておりインプラント治療の敷居は確実に低くなっています。

 

それから、
入れ歯とインプラントの違いは価格だけではないと言うことです。

 

インプラントは見た目もいいですが、
自分の歯と同じような手入れで済みます。

 

つまり、
入れ歯の方が毎日の手入れは面倒と言えます。

 

ただ、
これまで毎日やってきたことであれば、
すでにその面倒さにも慣れてしまっていることでしょう。

 

インプラントと違い、
多くの人が経験している入れ歯ですから利用者の情報もたくさんあります。

 

あなたがまだ若く、
歯の治療を考えなくてもいいのであれば、
これからもきれいな歯を維持していくことを忘れないでください。

 

高齢になると骨がもろくなります。

 

これは歯にも当てはまります。

 

高齢者の入れ歯が多いのは医学的にも理由があります。

 

いつまでもきれいな歯を維持したいものです。

 

そのために今の年齢で何ができるかを考えておきましょう。

 

食事の時間を楽しくするためにはきれいな歯ではなく丈夫な歯が必要であることをもう一度考えてみてください。

 

選択詩はいくつもあります。

 

 

 

毎日の食事は楽しいでしょうか。

 

入れ歯をするようになると、
いつも口の中に物が挟まった感覚があり食事が楽しくなくなる人が少なくありません。

 

もちろん、
歯医者でできることはやっていますから、
歯医者の選び方を変えても入れ歯の感覚が極端に改善することはないでしょう。

 

ただ、
少しでも食事が楽しくなるような工夫をしてください。

 

一つは食事の内容の選び方です。

 

固いものはだめだとしても極端に柔らかいものでなければならないわけではありません。

 

普通の食事でいいでしょう。

 

それから、
食事をゆっくりと味わうことです。

 

よく噛んでください。

 

歯医者ではどのような説明を受けたでしょうか。

 

入れ歯を付けてもこれまで通りの食生活を送ることができます。

 

もちろん、
定期的に歯医者で点検をしてもらわなければなりませんから、
入れ歯の具合も確認してもらいましょう。

 

歯茎の形が変わると入れ歯のフィット感がなくなります。

 

これまでは何ともなかったけれど痛みが出るケースもありますから、
自覚症状があれば早めに歯医者で診てもらうことです。

 

もちろん、
診てもらえばすぐによくなるわけではありませんが、
治療をすべきかどうかは判断できます。

 

入れ歯の形を少し変えることは簡単です。

 

それが健康保険適用の入れ歯のメリットでもあります。

 

少ない費用で食事を楽しめる入れ歯になっています。

 

これからも入れ歯を外すことはできませんから、
食事を楽しめるように入れ歯のお手入れをしておきましょう。